【ボリンジャーバンドとは】一目で判る?!ボリンジャーバンドとは? - スキャルピングの教科書

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

【ボリンジャーバンドとは】一目で判る?!ボリンジャーバンドとは?

 2007-01-04
ボリンジャーバンド巻物

さて、今回は「ボリンジャーバンド」について勉強しましょう。
だんだんテクニカルっぽくなってきましたね♪
ボリンジャー、ボリンジャーと呼ばれますが、、
そもそもボリンジャーバンドとはなんなんでしょうか??


ボリンジャーバンドとは、
統計学を利用して、応用したチャートで「ジョン・ボリンジャーさん」が
発明した画期的(?)なテクニカル指標の一つです。

ボリンジャーバンドには全部で5つの線が引かれます。
ボリンを使うには、まずはこの線の意味を抑えることが大事です。
と言っても、、とっても簡単ですのですぐに覚えられるかと思います。

①中央線
これは25日移動平均線です。つまりボリンジャーは25日間が対象期間となります。

②+1σ線
中央線の一本上に引いてあるのが+1σ線!
相場(ローソク足)がこの+1σ線を超える確立は約32%!

③+2σ線
+1σ線の上に引いてある線が+2σ線。
相場(ローソク足)がこの+2σ線を超える確立は約4.5%!

④-1σ線
中央線の一本下に引いてあるのが-1σ線!
相場(ローソク足)がこの-1σ線を超える確立は約32%!

③-2σ線
-1σ線の上に引いてある線が-2σ線。
相場(ローソク足)がこの-2σ線を超える確立は約4.5%!

なんて単純なテクニカル指標でしょう♪

ちょっと言葉でまとめてみると…
約95.5%の確立で相場は±2σ内(一番上と一番下)にいる
ということをまずは覚えておきましょう。

さてさて、、ボリンジャーバンド様の使い方ですが2通りあります。
テクニカルチャートのページで説明したとおり、指標には順張り系と逆張り系に分かれます。
通所のボリンジャーバンドの使い方については、逆張り指標としてが一般的なようです。

①ボリンジャーバンドの逆張り指標としての使い方
さて、先に赤字で強調して書きましたが、相場は約95.5%の割合で±2σ線の中で収まります。
つまり、くどいようですが、±2σ線を越えるのはたったの5%しかないのです。
もし、相場がこの±2σ線を超えたとしましょう。
そ、それは、も~大変な事態でありませんか!
相場が異常な状態であれば、正常に戻ろうとします。
つまり、、
・一番上(+2σ線)を相場が超えたのであればそれは売りサイン!
・一番下(-2σ線)を相場が超えたのであればそれは買いサイン!
という使い方がボリンジャーの通常の使い方とされています。

↓下にチャートを使って例を作ってみました。↓

ボリンジャーバンド逆張り系のチャート例

ポンド円の5分足のチャートです。
上の赤ラインが+2σ線、黄色が中央線、青が-2σ線です。
この例で見ると、①の箇所で相場が-2σ線を大幅にぶっちぎってますね。
ってことは⇒異常事態なので相場が戻ってくるチャ~ンス!ってことですね。
超えた時点で「買いのサイン」となります。
その後に、1時間に渡り相場が順調に上がっているのが判ります。
これがボリンジャーバンドを順張りの指標として捉えた場合のトレードシナリオです。


①ボリンジャーバンドの順張り指標としての使い方
さてさて、こんな矛盾なことを書いてしまうと怒られそうですね。。
ただ、ボリンジャーを順張りとしてみているトレーダーも多いので無視はできません。
さて、くどいほど復習をしますが、相場が±2σ線を越えた場合は、
相場が異常事態ということでしたね。(約95%は±2σ線の中にいるはず)

逆張り指標としてみたときは、、
相場が異常なのであれば、正常(±2σ線内)に戻る!
という観点でボリンジャーを使いました。

順張り指標として捕らえるときは、
±2σ線を越えるのであれば、これはよほど強いトレンドだ!
と考えます。

つまり、
・一番上(+2σ線)を相場が超えたのであればそれは買いサイン!
・一番下(-2σ線)を相場が超えたのであればそれは売りサイン!
と、さっき説明した使い方と間逆で考えるのです。

↓下ににチャートを使って例を作ってみました。↓

ボリンジャーバンド順張り系のチャート例

これもさっきと同じく、ポンド円の5分足チャートで、
上の赤ラインが+2σ線、黄色が中央線、青が-2σ線となります。
①で見たら、下の青ライン(-2σ線)を大きくぶっちぎっていますね。
普段は±2σ線内で収まる相場がすごい勢いで飛び出しています。
つまり、この下降のトレンドは下がる勢いが強いのでは?と読みます。
そこで、-2σ線を超えた時点で売りのサインとなるわけですね。


さてさて、全く同じテクニカル指標で180度異なる読み方を説明しました。
なぜわざわざこんなことを書いたかと言うと、、
テクニカルとはでも説明をしましたが、、

テクニカル分析ではさまざまな指標をしっかりと理解して、
その時の相場に応じて織り交ぜて使うこと


ってのが肝でしたよね?

ボリンジャーバンドも同様です。
ひとつのテクニカル指標に頼りっきりでは、だましに会う確立がとても高いです。

まずは、各テクニカル指標の基本をマスターして、
自分にあった、相場感にあった、テクニカル分析をしていきましょう♪


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ninjatrader.blog86.fc2.com/tb.php/21-94697720
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール
ブログランキング1位

ありがとうございます!
おかげ様でブログ村FXテクニカルトレード派で1位です! まだまだ初心者ですが、海外のFXスクール・掲示板でスキャルピング、テクニカル分析を日々勉強しています。アメリカの有名為替掲示板に参加しています。海外のFXに関する話題やニュース、相場情報など、このブログで皆さんにお届けしていきます!

初心者向けコンテンツ
テクニカル分析の教科書
まだまだ忍者も修行の身ですが、テクニカルをやる上で必要なものを随時追加していきます。テクニカル分析を一緒に勉強しましょう♪
newアイコンスキャルピングのメリット
newアイコンスキャルピングとは
トレンドとは
トレンドラインとは
ローソク足とは
移動平均線とは
テクニカルチャートとは
ボリンジャーバンドとは
MACDとは
転換期を示すローソク足とは

その他の会社
その他の会社です。各会社ごとに簡単に特徴を入れてます。ご参考下さい。

ヒロセ通商株式会社

マイナー通貨やるならここですね。LionFXは定評ですね。

外為どっとコム

業界No.1の口座数・預かり額。初心者はまずこころ開きますね。持っていても良い会社です。

FXONLINE

日本のFX業者で始めて手数料無料をやった会社です。常に新しいことをやっているパイオニア的な会社。スプレッドが狭いとかはないけど、使いやすいです。初心者はもっておいて良いかも。

FXプライム

伊藤忠グループのFXプライム。最近(08'年10月)に上場。安心感はありますよね。もち信託保全も完備。こちらも初心者向けの会社ですね。

サイバーエージェントFX

無料セミナーや魅力的なキャンペーンが豊富!

フォーランド フォレックス

スワップ派ならフォーランドオンライン。スワップが業界トップクラス。

ODL JAPAN

世界で話題のメタトレーダー4。テクニカルはマネパと並んで最強です。

トレイダーズ証券

国内で初めてFXのオンライン取引「ネットフォレックス」をスタートさせた会社です。

CMS

<100種類以上のテクニカル分析を搭載。もちろんカスタマイズも可能。VTトレーダー使えます/p>

FX ZERO

スピード重視のワンクリック発注機能!スキュルピング重視と謳ってます。/p>

ひまわり証券

信託保全完備。安心感はありますね。

NTTスマートトレード

NTTスマートトレードの商品はシンプル。FX初心者でも安心してお取引できます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。