重要指標の活用方法について(基本)【スキャルピング経済指標講座】 - スキャルピングの教科書

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

重要指標の活用方法について(基本)【スキャルピング経済指標講座】

 2009-06-07
さて、今回の記事では「重要指標の例と活用方法について」記事を書きます。
経済指標とはについてはこちらの記事をご参考ください。

経済指標の発表時=為替相場の動くとき=トレードチャンス!

↑まずはこれは理解しておきましょうね。

経済指標の活用の基本方法が以下です。↓

トレードをするにあたって発表される指標について事前に今までの流れや
事前予想などを把握しておくことは非常に大事です。


経済指標というのは単純に数値が高ければドルが上昇するなんて単純なものではありません。


事前の予想に対して上か下か、、そのテーマが市場にどのくらい織り込まれていたかなど
指標自体の数値とそれに対しての市場の反応を読む必要があるのです。


う~ん、難しいですね(汗

もうちょっと細かくブレークダウンしていきましょう。

まず、経済指標を活用する上で大事なポイントの一つ目!
それは「経済指標には重要度のランク」があるのです。

もちろん、世界的に決められたものではありません。(w
よくカリスマブロガー「羊飼い」さんのブログなどで取り上げられてます。

どの指標がどれだけ市場に影響するか?
どれだけ為替相場に変化をもたらすか?

そんな視点で重要度を分けてあります。
経済指標初心者はまずはどんな指標が大事なのか。
それをしっかりと覚えましょう。

次記事では「経済指標の活用方法(具体的編)」を書きます。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://ninjatrader.blog86.fc2.com/tb.php/57-da10b297
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
プロフィール
ブログランキング1位

ありがとうございます!
おかげ様でブログ村FXテクニカルトレード派で1位です! まだまだ初心者ですが、海外のFXスクール・掲示板でスキャルピング、テクニカル分析を日々勉強しています。アメリカの有名為替掲示板に参加しています。海外のFXに関する話題やニュース、相場情報など、このブログで皆さんにお届けしていきます!

初心者向けコンテンツ
テクニカル分析の教科書
まだまだ忍者も修行の身ですが、テクニカルをやる上で必要なものを随時追加していきます。テクニカル分析を一緒に勉強しましょう♪
newアイコンスキャルピングのメリット
newアイコンスキャルピングとは
トレンドとは
トレンドラインとは
ローソク足とは
移動平均線とは
テクニカルチャートとは
ボリンジャーバンドとは
MACDとは
転換期を示すローソク足とは

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。